×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨預金とFXの違い/FX取引のリスクについて


外貨預金とFXの違い
FXは、証拠金(保証金)を担保にお金を借りて為替相場で取引を行います。
外貨預金の場合は、現物取引になります。
取引は、FXは、土日以外は一日24時間いつでも取引が可能ですが、外貨預金の場合は、営業時間内の取引になります。
FXは、為替相場のどの局面においても儲けることが可能です。
外貨預金は為替相場が上昇したときのみ儲けられます。
また、手数料は米ドルの外貨預金の場合、為替レートは買う場合のレート(TTS)と売る場合のレート(TTB)があり、実際の為替レートより1ドル1円の上乗せがなされています。

<スポンサードリンク>




外国為替証拠金取引(FX)と外貨預金との違いを比較して見ましょう。
FXは、証拠金(保証金)を担保にお金を借りて為替相場で取引を行います。
いくらまで貸してくれるか(レバレッジ)は取引業者によって違います。
購入する最小単位も取引業者によって違います。
通常、米ドルの場合は最小1万ドルからが普通です。
証拠金の資金は、5万円ほどから始められます。
外貨預金の場合は、現物取引になります。
取引は、FXは、土日以外は一日24時間いつでも取引が可能ですが、外貨預金の場合は、営業時間内の取引になります。
FXは、為替相場のどの局面においても儲けることが可能です。
通常は、買って売るという行為ですが、株式投資と同じように、売って買うという行為も可能です。
仮に1ドル=110円の時に1万ドル(110万円)を売って、ドル円の為替相場が100円に円高に動いた場合、持っている1万ドルを買い戻せば、10万円の儲けになります。
普通の外貨商品では為替相場が上昇したときには儲けられますが、為替相場が下降したときには損になります。
外貨預金は為替相場が上昇したときのみ儲けられます。
利息については、FXは、保有中、毎日、利息がもらえます。
スワップ金利といい、外貨預金や外貨の定期預金より金利が高いです。
また、手数料は米ドルの外貨預金の場合、為替レートは買う場合のレート(TTS)と売る場合のレート(TTB)があり、実際の為替レートより1ドル1円の上乗せがなされています。
外貨預金の場合、手数料のことを考えると1ドル2円以上値上がりしないと、実質、利益が出ないということです。
それに比べ、FXは手数料が1ドル10銭程度で、レバレッジ(1倍)の現物取引で行えば、外貨預金と条件は一緒なので、手数料は、1ドルあたり90銭もお得になります。
米ドルの場合の最小取引は、1万ドルですので、外貨預金を1万ドル以上お持ちで、FXの現物のレバレッジ1倍で行なえば、外貨預金と比べて、金利、手数料が安いので断然お得になります。
為替の差益、差損は、FXであろうと外貨預金であろうと保証されないリスクは同じです。
FXおよび外貨預金について共通しているのは、株のように、会社が倒産して株券が紙くずになったり、いきなり株価が下がったりすることは、為替相場ではありません。
今後の資産運用には、FXは、外貨の分散投資として最適な商品のひとつです。


FX取引のリスク
FX取引のリスクには、価格変動のリスク/金利リスク/流動性リスク/信用リスク/オンライン取引リスクなどがあります。
ですので為替相場の変動により、FX取引を続けられなくなるリスクがあります。
さらに、オンライン取引リスクというのもあります。
FX取引は、すべて自己の責任にかかってきます。
ですからFX取引のリスクについて十分研究してから、FX取引を行った方がいいでしょう。

FX取引のリスクには、価格変動のリスク/金利リスク/流動性リスク/信用リスク/オンライン取引リスクなどがあります。
FX取引は外貨取引で、外国為替市場の変動や世界の政治的・経済的な要因をはじめ、さまざまな要因による価格変動のリスクがあります。
ですので為替相場の変動により、FX取引を続けられなくなるリスクがあります。
相場の状況によっては、ロスカットにおける損失が為替保証金を超える場合もあります。
金利リスクとは、対象通貨や日本円の金利の変動により、外国為替の価格変動により発生するリスクです。
スワップポイントも、それぞれの通貨の短期金利に応じて日々変動します。
金利の動向により、予想していたスワップポイントを受け取ることができないことになったり、スワップポイントを支払わなければならなくなる場合もでてきます。
次に流動性リスクです。
政治、経済、金融情勢等の変化、各国政府の規制や外為市場の規制などによる取引停止措置など不測の事態により取引が実行できなくなる場合があります。
信用リスクとは、取引するFX会社の倒産などで、預けていた証拠金等を回収できなくなるリスクのことです。
信用リスクを避けるには、クリック365に上場している、または、証拠金の管理方法が信託管理(=信託保全)であるかのいずれかのFX会社を選べば良いです。
さらに、オンライン取引リスクというのもあります。
FXの売買は、インタ−ネットを介して行います。
したがって、通信機器の故障やインタ−ネット障害等が発生すると、取引が正常に行えなくなるリスクが考えられます。
オンライン取引は電話注文の取引とは異なり、自分自身が売買注文の入力をするため、入力を誤った場合は、想定外のレートで取引が成立してしまう可能性があります。
また、第三者にユ−ザ−ネ−ムやパスワ−ド等の情報が漏れて悪用されるというリスクもあります。
FX取引は、すべて自己の責任にかかってきます。
ですからFX取引のリスクについて十分研究してから、FX取引を行うことをお勧めします。


FX

  • 外貨預金とFXの違い
  • FX取引のリスク

FX2

  • FX取引の注文方法
  • FX取引の投資手法
  • 外貨投資の税金について

FX取引業者

  • FXCMジャパンのFX
  • 新日本通商のFX
  • セントラル短資のFX

FX取引業者2

  • 上田ハーローのFX
  • イートレードのFX
  • クリック証券のFX

FX取引業者3

  • FXプライムのFX
  • 外為どっとコムのFX
  • ヒロセ通商のFX

FX取引業者4

  • サイバーエージェントのFX
  • フォーランドオンラインのFX

くりっく365

  • くりっく365とは
  • くりっく365とFXの違い

くりっく365 その2

  • FXとくりっく365取引業者の選び方
  • FXとくりっく365口座開設までの流れ



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

美容関係

 杜仲茶

 薄毛

 抜け毛

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


健康関係

 基礎体温表

 ヒーリング

 ビオチン

 ヨガ

 歯周病

 歯槽膿漏

 ED

 過活動膀胱

 多汗症

 頭痛

 特定疾患

 特定保健指導

 人に聞けない悩み

 人に聞けない病気

 尿(おしっこ)

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


金融関係

 FX

 FX取引業者

 くりっく365

 医療保険

 楽天


住宅・不動産関係

 東京インテリア家具

 住宅・不動産

 賃貸住宅


就職・転職関係

 アルバイト

 就職活動


旅行関係

 人気温泉

 日帰り旅行

 アシアナ航空

 クルーズ

 赤ちゃん連れ旅行


料理・食べ物関係

 おせち料理と黒豆

 お菓子


ファッション関係

 ヒートテックとハラキャミ


娯楽・趣味関係

 音楽配信サービス

 ディズニープリンセス

 フェリシモ

 ブリザードフラワー

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


ブランド関係

 コンバース

 ブランドキーケース

 人気ファッションブランド


生活支援関係

 個人再生

 ローソンパス

 プレミアム商品

 ママ友

 お受験

 ランドセル

 消臭

 駅とその周辺

 二段ベッドとロフトベッド

 入園・通園


結婚関係

 結婚あれこれ

インターネット関係

 ライムワイヤー


福祉関係

 地域包括支援センター


家電関係

 デザイン家電


行事関係

 クリスマス

 運動会

 新入学

 年賀状